「中林建設」トップページ > 基礎杭工法紹介 > オールケーシング工法

基礎杭工法紹介

オールケーシング工法

ケーシング(パイプ)を揺動装置により、反復回転させながら油圧ジャッキで地盤に圧入した後、ケーシング内に落下させたハンマーグラブで中の土砂を掘削し、掴み取るように排出する。支持層に達した後、鉄筋籠を挿入、ケーシングを抜きながらコンクリートを打設し、杭を形成する。

・掘削孔壁をケーシングチューブにて保護するため、周辺に与える影響が少ない。
・汚水処理・地下水への配慮など環境保全対策に有利。
・土・玉石・砂岩などの硬い土質でも特殊アタッチメントを装着すれば容易に掘削する
 ことが可能。

良質な杭ができた場合の周面摩擦力は打ち込み杭に匹敵する

オールケーシング工法 オールケーシング工法 オールケーシング工法の実績を見る

オールケーシング工法に関するお問い合わせ、お見積りなどお気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせはこちら